どろあわわの界面活性剤について

 

どろあわわ

 

 

界面活性剤!?って聞くと、肌に悪いもの!と連想させる傾向がありますが、
界面活性剤は日常生活には欠かせない成分です。

 

衣類、食器などの洗剤、シャンプーやボディソープなどに使われていて、
同じような働きの乳化剤は、食品などにも使われています。


 

 

界面活性剤は悪くないのに…;;

 

なのに、何故こんなに、界面活性剤が悪者になってしまったのでしょうか?
それは、洗浄成分と使われる事が多く、脱脂力が強いので、乾燥を感じたり、すすぎ残しで痒みが出たり、
目に入ってしまうと炎症を起こしたりとなどがあるので、界面活性剤イコール悪!になったのだと思います。

 

界面活性剤は合成、天然と分かれています。
天然の方が肌には優しいとはされています。

 

しかし、界面活性剤が無ければ、馴染みが悪くベタベタしたり、
泡立たなかったりと、使用感が悪くなってしまいます。
せっかくの有効成分も、使用感が悪ければ、使わなくなりますね。

 

 

界面活性剤入りのスキンケアは使っちゃダメ?

 

界面活性剤に、どうしてもこだわられる方はお使いにならないと思いますが

 

「どろあわわ」は無着色・無香料・無鉱物油で、天然の界面活性剤を使っています。

 

だから、泡立てネットが必要で、そのあともさらに、
泡を練ってから使う仕様になっています。

 

正しい使い方で、肌質に合った使い方をすれば、
安心して使える洗顔料ではないでしょうか。

 

 

続きは…どろあわわを使ってみた体験談